生活習慣病とアラキドン酸

生活習慣病とアラキドン酸

生活習慣病の原因となるものを考えると、「肥満」が浮かびませんか。肥満から連想されるのが、「カロリー高めの食物」だとすると、脂っこい食物であるカラ揚げや、洋菓子、卵などが答えとして出てきそうですね。たしかに食べ過ぎても良いものはありませんし、歳をとっても肥満にはなります。

若いころのダイエットのせいで、カロリー高めの食品は控える物だという、先入観がありませんか。無理なダイエットや食事制限をすると、集中力の低下や、物忘れがひどくなることがあるようです。年齢を重ねて、全体に食が細くなっているのに、若いころの先入観が邪魔をして、少量でもしっかりカロリーの摂れるいい食品を遠ざけてはいませんか。

人の体に必要な、必須脂肪酸の一種にアラキドン酸があります。アラキドン酸を含む食品は、卵や肉などカロリー高めの食品が多いのですが、なかにはアラキドン酸とDHAも一緒に採れるサワラやサバなどもあります。

アラキドン酸は、脳内の神経細胞を新しく作り出す手伝いをします。1か月間カプセルを摂取した高齢者は、脳が若返ったという研究結果があります。さらに、生体調節ホルモンを作る材料となって、免疫機能も向上し、血圧が上昇するのを抑制するということです。生活習慣病である高血圧症の予防に期待が集まっています。

適度に摂ることで、血中コレステロールを減少させて、血液の流れを良好にして、肌荒れの防止をします。食事は普段から栄養バランスよく摂るよう心掛け、足りない分はサプリを賢く利用しましょう。